【初心者必見】ブログ記事の見出しの決め方【具体例】

 

ブログ初心者


「書きたい事も決まってるんだけど・・・見出しが思いつかない」
「見出しの具体例を教えてほしいなあ・・・」

 

こうしたことで悩んでないですか?

実は、見出しのテンプレートを参考にすることで、記事が簡単に書けるようになります

本記事の内容
・ブログ記事の見出しの役割・メリット・決め方のコツ

・ブログ記事の見出しの具体例

読み終わると、ブログ記事の見出しの書き方に悩むことがなくなって、簡単に記事を作成していけるでしょう

では早速どうぞ

ブログ記事の見出しの役割・メリット・作成のコツ

見出しの役割

・情報を小分けにすることで読みやすくする

・読者の負担を減らす

見出しのメリット

・読者が読みたいところから読める

・SEO上有利

・執筆の際に見出しがあると書きやすく、記事を構成しやすい

見出しを作る際のコツ

見出しを並べる順番

わかりやすく読みやすい流れを意識して、見出しを並べる順番を決めましょう

こうすることで、読者に最後まで読んでもらえる記事が出来上がります

参考記事:記事構成のやり方

 

見出しタイトルはキーワードを意識しつつ工夫する

記事内のキーワードの割合は、SEO対策上は5%以下が目安だそうです

以下のサイトで自分のサイトの該当ページのキーワードの割合を調べられます

 

読者に何をどうやって伝えたいのか、それによりどうなってほしいのかを常に頭に置いて見出しを決める

キーワードを決めた後は常に読者の事を念頭に置いて記事を書いたほうがいいでしょう

そうすることで、キーワードと記事の内容が一致して読者のニーズを満たすことができます

参考記事:キーワードの決め方

 

ブログ記事の見出しの具体例

10個の具体例

  • 1.概要(重要性・意義・基礎知識)
  • 2.メリット、デメリット(長所、短所)
  • 3.体験談(失敗、成功、実験、試験、アンケート、口コミ)
  • 4.注意点(気を付けるべき点・気を付けるポイント)
  • 5.具体例(国、公共自治体、民間企業、個人など)
  • 6.方法(やり方・ステップ・コツ・裏技・手順).
  • 7.おすすめのツール・本
  • 8.ランキング・まとめ
  • 9.原因・理由・対策・対処法
  • 10.比較・一覧

上記の見出しの候補の中から、選択して、読みやすいように並び替えて記事を構成してください

記事をたくさん書いていくうちに、読みやすい見出しの並べ方や表現方法がわかってくるでしょう

補足:見出しを考える時に意識すべきこと

繰り返しになりますが、見出しを考えるときにすべきことは

1.読者に何をどうやって伝えてどうなってほしいかを考える

2.その後、テンプレートを使い、全体の流れも考慮して見出しを決める

というのがいいと思います

読者というのは過去の自分・今の自分でいいと思います

僕のようにペルソナを考えるのが面倒な人は、自分の悩みを解決する記事・悩みが解決できた記事を書くのがいいでしょう

まとめ

本記事では

・ブログ記事の見出しの役割・メリット・決め方のコツ

・ブログ記事の見出しの具体例

について紹介しました

このテンプレートを用いれば、かなり文章を書く負担が減って、効率的に記事を書いていけるでしょう

テンプレートを利用して記事を書き続ければ、ライティングが上達していくと思います

ではまた

ツイッターでも色々な事をつぶやいていますので気になった方はフォローいただければありがたいです