【簡単にわかる】ブログの書き方 その1【まずは全体像の把握から】

 

「どうやって文章を書いたらいいんだ・・・」

「ライティングの本も読んで勉強したけど書けるようにならない・・・」

「書く手順の全体像を教えて」

 

こういったことでお悩みではありませんか?

実は、文章を書く前に『記事の設計』を行えば誰でも読みやすい記事が書けるようになります

なぜなら、この方法はブログ運営で実際に結果を出し続けている人気サイト(バズ部、マナブログ、副業コンパスなど)が使用している方法だからです

今回の記事では

・記事を書く前に準備すること

・記事を書く手順の概要

以上について解説していきます

これを読むと、

読まれるブログを書けるようになるための方法がわかります

では早速どうぞ

ブログの書き方:1.記事を書くとは(目的の設定)

 

 

ブログで記事を書くとは、ネット上に書いた記事を載せるということです

何のために記事を書くのか

記事を書いて、ユーザーの役に立つことが目的です

無論、最初の読者は自分ということになります

理由

記事を書いてもだれにも読まれなかったら悲しくないですか?

単なる日記ならそれでも構いませんが、やはり誰かに見てもらう、誰かの役に立ってもらえると嬉しいから今日も僕はこうして記事を書いてます

とはいえ、誰かの役に立つばかりでは、サイト運営の継続が厳しいかもしれません…

具体例①(アクセスゼロ)

仮に、1000記事書いたとします

その時にアクセスが0だったときあなたはどんな気持ちがしますか?

絶望感、悲しみ、呆然

こんな気持ちになってサイト運営やめてしまうと思います…

具体例②(アクセスゼロ)

これを読むだけで大金持ちなって美女にもモテモテになる記事はほぼ全員が読みたいはず…

それが適切なキーワード設定が出来ていなかったらだれにも読まれないゴミ記事となってしまいます…

そうした悲しい事態を無くすために、記事の書き方を学んで実践することはサイト運営において最重要課題となります 

ブログの書き方:2.記事を書く前の準備(作成手順の全体像の把握)

 

 

全体像の把握とは、自分の現在の立ち位置、現在位置を把握するということです

まず森を空から見下ろすと

多くの人に読まれる記事を書くための第一歩として記事の書き方の全体像をイメージしておくことが重要です

森の中で迷わない

なぜ、重要かというと、全体的な把握は、部分的な内容の理解にも効率的だからです

脳の仕組みに合わせる

全体を理解し、部分的な内容を理解すると、各項目ごとのネットワークが繋がります

そして、脳が学んだ内容をとても効率的に整理してくれ、いつでも必要な情報を引き出せるようにしてくれます

具体例(日本史の勉強)

学生時代に、日本史を勉強したのですが

その時に一番初めにしたことは、時代名と天皇名を覚えることでした

そうすることで各時代に起こった事柄が時代名などとつながりネットワークができて日本史を効率的に勉強出来ました

参考サイト

こちらのページに効率的に勉強を勧める方法が書かれています

まずは全体像を掴むことが大事だと2ページ目に書かれています

ブログの書き方:3.記事を書く前の準備(キーワード選定)

 

 

キーワード選定とは、各種ツールを利用し、書く内容に基づくキーワードの洗い出し(検索ボリューム・競合性などを参考に)をしていく作業の事です

ユーザーに読んでもらえる

キーワード選定を行うことでユーザーに読まれる記事を作成することが出来ます

検索上位に表示される

キーワード選定を行うことで検索結果の1ページ目の1番上にサイトを表示することができるからです(無論ほかにも色々対策があるけどとりあえず単純化して話します)

グーグル検索など

検索エンジンは、記事内のキーワードを拾い上げ、検索結果に表示(反映)するので、キーワード選定は大事です

具体例

どんなに有益な記事でもキーワード選定を怠ると誰にも読まれません

仮に、誰でも大金を得られる記事を書けても、キーワードを選定していないとアクセスはゼロのままです(アクセスゼロは言い過ぎかもしれませんが単純化してお話ししてます)

参考サイト

重要事項が大量に書かれていて読むのに大変ですが

一度は時間を作って読んでおいたほうがいいです

ブログの書き方:4.記事を書く前の準備(記事構成)

 

 

記事構成(目次作成)とは

洗い出しだキーワードを元に、ユーザーニーズを把握して目次をつくっていく作業のことです

この作業も記事を書く前の準備としてとても重要です

目次作成作業が重要な理由

ニーズの把握をするとよりユーザーにとって役立つ記事が書けます

流れを意識して目次を作ると、非常に読みやすい記事が書けるようになります 

根拠

こうすることで検索エンジンからの評価があがり、検索上位に記事(サイト)が表示されるようになります

ブログの書き方:5.記事を書く時の手順(本文)

 

 

本文を書くとは、記事構成(目次)に肉付けをしていく作業をいいます

目次だけでは、読者への情報伝達が不十分なので、本文を書く必要があります

理由

ユーザーの悩みを解決し、何らかの解決するための行動をしてもらうには

目次だけでは足りない情報を、わかりやすく具体的に伝える必要があります

根拠

そうして、ユーザーにとって有益な情報を提供していくことによりより多くの方に指示されるサイトができあがります

要するに検索エンジンで上位表示するためにはユーザー本位(に役立つ)記事を作成することが最重要だからです

参考サイト

こちらも重要事項が大量に書かれているので

読むのが大変だけど心を鬼にして読んでおいてください・・・

具体的な文章の作成方法が書かれています

  まとめ

本記事でお話しした内容をおさらいすると

・書く目的の設定

・書き方の全体像の把握

・キーワード選定

・記事構成(目次の作成)

・本文作成

となります

読まれる記事を書く方法の概要がわかり、

書き方の学習手順の全体像が把握できたと思います

次回はキーワード選定について具体的な手順と方法を解説していきます

以下の記事でベスト20まで参考になるサイトを紹介してますので

こちらも参考にしてみてください

神ブロガーのサイトですが有益な記事が多すぎるので1カ月かかっても全く読破は出来ないと思うので

学んだことを実践しつつ参考書がわりに利用するのもおすすめです

あと、サイト設計についてはこちらを参考にしてみてください

ブログ開始前のサイト設計についてわかります

こちらも、内容が濃すぎて簡単には理解できないと思いますが

非常に有益な記事なので時間がかかってでもいいので読んでみてください

補足

最後にこれだけは自分自身へ向けて忘れないように言っておきます

・一番最初のユーザーは自分

・最低でも自分が読みたい記事を書く

・自分が書きたいことを書かない

・ネタがない人は悩んでいることの解決方法を記事にするといい

・今悩みがなくても過去に悩みを克服した方法を記事にできる

・読者と自分に誠実な記事を書くこと

・完璧主義を目指さずとにかく記事を書くこと(リライトで対応)

以上が書き方を学ぶことと同じくらい重要だと考えています

文章構成上、まとめで終わるのが鉄則ですが

自分自身にとって、常に念頭においておくべきことだったので書きました

では

 

 

3 COMMENTS

現在コメントは受け付けておりません。