【簡単にわかる】ブログの書き方 その3 ブログ記事の構成【自分を救う記事を書くことが大事】

「記事の目次なんて今まで意識したことなんてないよ・・・」

「いつも書きたいことを好き勝手に書いてて全然読まれる記事が書けてない・・・」

「アクセスを増やせる記事の書き方の基礎が知りたい」

 

今回の記事ではこうした悩みを解決する方法について解説していきます

この方法を実践すると

記事構成のやり方がわかり、読みやすい記事が書けるようになります

以下では

・記事構成のメリットとデメリット

・記事の全体構造

・記事構成の手順

・記事構成がうまくいかない時の対処法

について解説していきます

本文を読むことで、記事の見出しの作り方がわかり、実際に作れるようになります

では早速どうぞ

ブログの記事構成をするメリットとデメリット

記事を書く前に見出しを設計することは非常に重要です

記事構成をすることでユーザーが望んでいる(悩みの解決)記事を書けるようになるからです

具体的なメリットとデメリットを拾い上げました

記事構成をしていなかった昔の自分
ただ闇雲に適当に目次をつけ、キーワードがなにかも知らず適当に記事を書いていた

メリット
・書きたいことが書ける

デメリット
・アクセスがない(増えない)

・ネタ切れ

・支離滅裂

記事構成をしている今の自分
事前に書く目的・言いたい事を設定し、キーワードを選定し、見出しを考え、本文を考えて記事を書いている

メリット
・ネタ切れの心配がない

・ユーザー(今の自分、過去の自分、読者)を満足(かつ悩みを解決)してもらえる記事が生産できる

・書いた記事が資産記事になる

・関連記事として内部リンクして使える

デメリット

慣れるまでは時間がかかる

ブログの記事構成:手順その1【 記事構造の把握】

記事の全体構造については本文の書き方(次回)で解説しますので

あえて、詳しく説明しませんが、ざっくり頭の中に入れておいてください

物事の全体像を把握することで部分的な内容の理解が効率的に行えます

記事タイトル

1.導入(タイトル+本文への誘導文)

2.本文(小見出し+本文コンテンツ+まとめへの誘導文)

3.まとめ(まとめ文+クロージング)

以上となります

この記事を読む前に以下の記事も参考にしてください

記事を書く前にすること(全体像の把握)

全体像が把握できた後は(キーワードの選定)

ブログの記事構成:手順その2 【具体的な方法と僕がやっている方法】

 

この部分が本記事での最も大事な点です

この手順を守ることで、ユーザーニーズ(検索キーワード)と一致した記事が書けるようになります

具体的な方法は

・ペルソナの設定(人物像を想像)

・競合サイトの分析(検索結果1ページ目)

・知恵袋などを参考

以上を行うと良いでしょう

ですが、僕の場合はなるべく短時間で記事を書きたいので、

・ペルソナ設定は「過去の自分」or「今の自分」で固定

・キーワードで検索し、.競合サイトをちらっと読んでメモ

・自分の悩みを解決できる記事、自分が読みたい記事書く

僕はこういう方法で記事構成をしています

型を守りつつも、時には肩の力を抜いて記事を書くことも継続の上では大事なことです

番外編1:ブログの記事構成ができない時の対策【マインドマップ・悩みの明確化・模倣】

上記の型を実践しても上手くいかない時は

補助的に以下の方法を使うことも検討してみてください

マインドマップ

Xmind(無料)or Mindnode(有料)

こちらのマインドマップツールを使って何でもいいので、そのキーワードに関連することを思いつくままに書きなぐってみる

そのあと見出しに使えそうなことを選んで分類整理していく

画像は「記事構成」をキーワードに思いつくままに書きだしました

マインドマップのソフトの紹介をこちらで書いてますので参考にしてください

悩みの明確化

ブログの最初の読者は自分だと設定して自分へ僕は書くようにしています

そうすることで、読者(最初の読者は自分)の悩みが具体的にわかるようになるんです

具体例


→自分の悩みを明確化してそれを解決できる記事を書く(自分を救う記事を書く)

・人間関係(会社での上司と部下の関係、恋愛など)
・金銭(低賃金で重労働、お金が溜まらないなど)
・健康(ダイエットしたいなど)
・将来(このまま今の仕事を続けて大丈夫かなど)

上記の悩みを具体的に掘り下げて具体的な解決策を記事にしていく

模倣

上記の事をやっても全く思いつかない時は、見出しを模倣するのもありだと思います

でも、中身の本文は自分で工夫して書く必要があります

あと、模倣以外の見出しも1つは必ず書くようにしてください

番外編2:記事構成の際に最も大事なこと

 

前回の記事でも書いたことですが

記事構成で最も意識すべきことは

・有益な記事を丁寧にわかりやすく書く

これだけです・・・

ごめんなさい

=型を守って、ユーザーニーズを満足させる記事を書く
×
=型を守って、ひたすら記事を積み上げる

こちらの公式がユーザーを満足する文章を書く方法です
身も蓋もありませんがありきたりなこと書いてすみません・・・

誰でも簡単に1秒で有益な記事が書けるようになるといいんですけど…

そうした時代が来たらブロガーも引退するかもしれません(笑)

まとめ

 

本記事では

・記事構成のメリットとデメリット

・記事の全体構造

・記事構成の手順

・記事構成がうまくいかない時の対処法

でついて解説しました

これで、記事構成(目次作成)が出来るようになったと思います

では次回は、いよいよ目次に肉付けしていく手順について書いていきます

それまでは

記事の書き方の全体像

記事の書き方 その2(キーワード選定)

を読んでおいてください

では

P.S.

今回もほぼ今の自分に向けて記事を書いてます
何の実績もありませんが、でも、何のスキルもないから書けることもあると思います

あと、今回こうして記事を書いてみて、やっぱりとても自分にとってこうした記事を書く経験や
記事を書くために学べるという機会を与えてもらって非常に有難いと思いました

わからないことを書くとどうしても時間がかかって苦しいこともあるんですが
こうしてどうにか乗り越えて、投稿することが出来るととても充実感もあります

実際に記事作成のスキルも上達したような錯覚に陥りますが(質×量をこなす必要がある)
記事を書く過程で自分が何がわかっていないのかがわかったというのは大きな収穫でした

最後は日記みたいに書いたので支離滅裂ですみません・・・

今後も自分を救う記事を書いていきます