【片付けができない方へ】片付けの心理法則 daigo著【書評】

こんにちは。こうじ(@kkoky77)です

部屋が片付かなくて困っている人「片付けしたいんだけど、どこから手を付けていいのやら・・・」

「いつも部屋が散らかってて、どうやったら綺麗な部屋を保てるんだろう・・・」

こうしたことでお悩みでありませんか?

今回はそんな方へ向けて「片付けの心理法則」という本をご紹介します

本記事では

・片付けの心理法則とは

・印象に残った部分1:なぜ捨てられないのか?

・印象に残った部分2:デスクの整理術

・印象に残った部分3:やり残し仕事をなくす

・この本の使用法

以上についてご紹介していきます

では早速どうぞ

「片付けの心理法則」の概要

「片付けをするとどんないいことがあるのか?」

「なぜ片付けをすることが人生を変えることに役立つのか?」

ということについて心理学的な視点からDaigoが解説しているのが本書です

また、片付けのテクニックを時間管理にも応用して時間を最大限活用する方法も書かれています

片付けは好き嫌い、できるできないがはっきりわかれるタスクです

片付けが苦手な人ができるようになるための教科書として活用できます

印象に残った部分1:なぜ捨てらないのか?

モノが捨てられないという心理を分析すると、3つの心理効果が働いていることがわかります

①選択回避の法則

②損失回避の法則

③保有効果

出典:『片付けの心理法則』Daigo著

①選択回避の法則

選択肢があまりにも多すぎて選べなくなることがよくありますよね

例えば、部屋が散らかりすぎてて、どこから手を付けていいかわからず放置する

また、定食屋に行ってメニューが多すぎて、食べたいものを選べない

 

②損失回避の法則

損することを恐れて何もできなくなることです

例えば、片付けたいけど、捨てて後悔したくないので捨てない

また、挑戦して失敗するのが怖くて流されて何もしなかったり

あの本を読んでみたいけど、つまらなかったらお金が無駄になるので買うのをやめる

 

③保有効果

自分が持っているもののほうにより大きな価値を感じることです

例えば、誰かから贈られた花と単なる花を比較すると贈られた花のほうに強い価値を感じるということ

この3つめの保有効果はこの本を読んで初めて知った心理効果でした

僕は過去、モノが捨てられない状態でしばらく生活していました

その時を思い出すと確かに上記の3つの心理効果の影響でそうなったんですね

印象に残った部分2:デスクの整理術

 

デスクまわりにあふれたモノを一時的に入れておく「とりあえずボックスを作りましょう」

出典:『片付けの心理法則』Daigo著

僕自身デスク回りにものが多くて困ってますが、とりあえず、ボックスを作ってそれを目につかないところに置いておくことで集中して作業に取り組めています

とはいえ、ボックスをそのままにしておくと、だんだんそこへものが溜まっていくので、定期的にボックスの中のいらないものを片付ける必要がある

「やっていいこと」を3つまで書いて、そのうちのどれかをやるという方式にするとうまくいきます

出典:『片付けの心理法則』Daigo著

「三択の原則」というものがあるので、一つに絞るよりも3つの中から選ぶほうがうまくいきます

※三択の原則とは、自分で選んだもののほうが価値が高く感じる法則の事です

印象に残った部分3:やり残し仕事をなくす

「どうしてもやらなければいけないことを選び、やらないくていいタスクを消すのです

出典:『片付けの心理法則』Daigo著

やり残しの仕事を終わらせるために、GTD(Getting Things Done)というメソッドがあります

ですが、実際にこのメソッドは結構やるべきことが多いのでDaigo流にアレンジして上記の通りシンプルにタスク管理をしていけばいいでしょう

あと、その日やるべきタスクは3つまでがいいとのことです

具体的な分け方としてam/pm/nを用いるとよいそう

amを最優先、pmをその次に優先、nは最後のタスクという管理がいいです

実際に、朝が最も効率的であることはこれまでブログ運営を150日以上してきて実感してます

夜になるとどうしても頭の回転が悪くなったり、次の日のことが気になったりで効率が悪いです

この本の使用法

 

まずは、さらっと気になるところだけ読んでいって出来そうなところだけ、実践するのがいいと思います

例えば、片付けしてて、捨てようかどうか迷ったときには

モノが勝手に減っていく7つの質問

出典:『片付けの心理法則』Daigo著

こちらの章を読みながら、一つ一つ捨てていけばいいと思います

また、片付けをしたほうがいいのかどうか迷ったら

第2章 心理的片付けで得られる5つのメリット

出典:『片付けの心理法則』Daigo著

こちらの章を読んで、片付けをこれから始めるための動機付けにするのもいいでしょう

いつも言っていることですが、本を読んだあとのアウトプットをして初めて本の内容が理解できるようになると思います

また、アウトプットすることで、他人事から自分事へと本に書いてある内容を引き寄せることが出来ます

ですので、本を120%活用するにはインプットとアウトプットの両方を意識しましょう

まとめ

本記事では下記について説明しました

・片付けの心理法則とは

・印象に残った部分1:なぜ捨てられないのか?

・印象に残った部分2:デスクの整理術

・印象に残った部分3:やり残し仕事をなくす

・この本の使用法

片付けや掃除をすると、気分転換やストレス解消になっていると感じます

部屋がきれいだと頭も心も晴れやかになって生産性も確実に上がっている実感があるんですよね

心にゆとりが無い時やいつも忙しくしているときほど、部屋を片付けてみてはいかがでしょうか

それでは、また