【素人が挑戦】アイキャッチ作成 2パターン【イラストレーター】【フォトショップ】

こんにちは。こうじです。

今回はネット上で見かけたクールなアイキャッチ画像を

自分流にアレンジして紹介していきます

以下を読むと

アイキャッチ画像の作成の幅が広がります

Adobe Illustratorを使用して作ります(Canvaでも可能なら後日やり方を記事で紹介します)

では早速どうぞ

(今回からド素人の挑戦から素人の挑戦へと格上げされています!

完成イメージ

 

では①から順番に作成方法・参考サイトを解説していきます

1つめの作品の作成のコツ

参考サイト

 

こちらのアイキャッチ画像ですが、以下のサイトを参考にして自分流にアレンジして作成しました

作成のポイント①

背景画像の色の設定

スポイトツールを使い、色をカラーピッカーで確認

今回の画像の灰色の色のカラーコードは #dcdcdc

作成のポイント②

文字の大きさ・種類(フォント)・色

メーカー名と商品名はゴシックで設定しました

他の文字はお好みで設定してください

作成のポイント③

吹き出し

こちらは今回は楕円形ツールと多角形ツール(三角形)で作成しましたが、

参考サイトは手書きで書いたような吹き出しなので、後日手書き風の吹き出しの作成方法を調査して加筆予定です

作成のポイント④

フォトショップを利用した商品画像の切り抜き

クイック選択ツール>被写体を選択>OK

うまく選択できない部分はクイック選択ツールの+と-で少しずつ選択していく

作成のポイント⑤

かわいいアイコンの挿入

以下のサイトよりお気に入りのアイコンを見つけてダウンロードして画像に挿入

 

以上を参考にしていただければ、完成できると思います

今回は、あまり、イラストレーターの操作方法は解説してませんが、

気になる方は過去の記事を参考いただければ幸いです

 

2つめの作品の作成のコツ

参考サイト

 

こちらのアイキャッチ画像ですが、以下のサイトを参考にして自分流にアレンジして作成しました

作成のポイント①

背景画像の色の設定

(1つめの作品と同じ手順)

作成のポイント②

文字の大きさ・種類(フォント)・色

(こちらも1つめの作品と同じなので省略)

作成のポイント③

文字を縦書きにする

↑のやり方を試しましたが、「パス内に…」というエラーが出て出来ず

今回はこちらのサイトのやり方で縦書きに出来ました

作成のポイント④

文字用のボックスを作成

長方形ツールでボックスを作成し、移動コピー(Atl+ドラッグ)

長方形同士の間隔を100とする

作成のポイント⑤

フォトショップを利用した商品画像の切り抜き

(こちらは省略します)

作成のポイント⑥

かわいいアイコンの挿入

無料アイコン素材サイト

編集後記

今回の特集いかがだったでしょうか?

アイキャッチ画像が印象的ならブログを読んでもらえる確率はあがります

ですが、なるべく短時間でそれなりの画像を作成するのが肝心だと思います

最後にアイキャッチ作成の際に参考になるサイトを他にもいくつか紹介して終わりとします

[st-cmemo fontawesome=”fa-external-link” iconcolor=”#BDBDBD” bgcolor=”#fafafa” color=”#757575″ iconsize=””]その他に参考になるサイト一覧[/st-cmemo]

 

今回は、あまり、イラストレーターの操作方法は解説してませんが、

やり方につまづく方は過去の記事を参考いただければ幸いです

では、今後ともよろしくお願いします。